Lembranças e mercadorias vendas


その昔、雪深い地の保存食として食された稲庭うどん。後に上納品とされ、明治の半ばに入るまで宮内省以外には一般に食されることはなかったといいます。

澄んだ水、選りすぐりの材料を使って丹念に作り上げられる稲庭干うどんは、手で練り、手でなう江戸時代からの手法をかたくなに守り通している。そのコシの強さ、滑らかな舌触り、つるりと喉もとを滑る心地良い食感。まさに一子相伝の技が生きた極上の味わい。

ご贈答用に、ご家庭用に、季節を通じて喜ばれる稲庭うどんをぜひご賞味ください。

お土産








ご贈答用





携帯・スマホからアクセス!

 Itens mais recentes do Blog


 Nossos clientes incríveis